ヘアアイロンは特別なアイテム【まとまる髪に変身】

一つあると便利なアイテム

色々な使い方ができます

ヘアアイロン

女性の方の中にはヘアアイロンを持っているという方が多いのではないでしょうか。
ヘアアイロンに馴染みのない方にとっては、へアイロンというとクセ毛や天然パーマの人が髪をまっすぐにするときに使うアイテムというイメージを持っているかもしれませんね。
たしかに、髪のクセが強い方にとっても欠かせないマストアイテムであることは事実なのですが、実はクセ毛でない人でも持っているととても便利なアイテムなんです。
定番の使い方としては、毛先のハネや、うねりが気になるところに熱を加え、まっすぐにのばすというイメージです。
しかし、ストレート用ののヘアアイロンでも、実はコテのように髪をふんわりと巻くこともできるんです。
毛先をくるんと内巻きにすることはもちろん、外はねヘアーにセットすることも可能です。
また、ヘアアイロンを根元に近い部分の髪からはさみ、徐々に下の方にカールさせながら滑らせれば、ナチュラルパーマ風のふんわりヘアだって作ることができます。
ショートヘアの後頭部にボリュームを出したい時や、前髪をふんわりさせたい時なんかにも便利です。
このようにヘアアイロンはただ髪をストレートにのばすだけでなく、色々な使い方ができるので、一つ持っているとすごく便利なアイテムなんです。
最近のものは、温度が上がるのも早いですし、商品自体も軽量化されて保管にも便利です。
価格も5000円以下で買える物も多いので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

温度や汚れに警戒

ヘアアイロン

ヘアアイロンは、髪の毛をストレートにしたり、ウェーブを生み出したりと、スタイリングを助けてくれる優れものです。
クセ毛を直すという様に日々利用するのも良いですし、特別な日に凝ったアレンジを仕上げるのに利用することも出来ます。
美容院へ行ってセットしてもらったり、プロの手を借りることがなくとも、高いレベルでヘアアレンジが出来る手軽さも特徴と言って良いでしょう。
上手に利用するコツとしては、やはり温度調節がポイントになります。
ヘアアイロンは、熱を利用して、スタイリングをしていくことになりますので、何度も同じ部分にばかり使用したり、高い温度での利用が続くと、髪の毛が傷んでしまいます。
せっかく綺麗にスタイリングをしても、髪の毛自体が傷んでいては、仕上がりもいまいちです。
髪の毛にダメージを蓄積させないためにも、温度調節の出来るヘアアイロンを選んだり、マイナスイオンなどの機能が付いたものを利用することが大切です。
また、熱によるダメージを軽減させるタイプのスタイリング剤を使うことも役立ちます。
スタイルを作りやすくするだけでなく、長時間に渡ってスタイルをキープしてくれる働きのものもありますから、上手に活用するのがお勧めです。
そして、長く良い状態で利用するためには、定期的にヘアアイロンのメンテナンスをするのも欠かせません。
ホコリっぽい場所や湿気の多い場所に保管している場合は、想像以上に汚れている場合もありますし、スタイリング剤などが付着していることもあります。
しっかりと汚れを落とし、清潔な状態を保つことで、使用時の効きも良くなりますし、製品を長持ちさせることにも繋がります。

3つのタイプから選ぶ

ヘアアイロン

ヘアアイロンは髪を乾かすためのものではありません。
髪を仕上げるのに使う道具です。
ヘアアイロンは種類によって髪の仕上がり方が違ってきます。
種類と仕上げ方を知っておき、なりたい髪形に適したタイプを購入するようにしましょう。
ストレートアイロンは髪をストレートにすることができるヘアアイロンです。
他にも毛先だけカールにしたりすることもできます。
ウェーブもこのタイプは実現できます。
日によって髪形を変えたい人は、これを1本持っているといろいろな髪形を楽しめます。
髪をはさんで熱を加え、形を作っていくタイプです。
カールアイロンはストレートアイロンと違い丸型です。
パイプ状でありそれに髪を巻き付けることで熱を加えます。
主にウェーブを付けるのに使うものであり、ストレートには向きません。
カールの大きさは自由に変えられるので、太巻き細巻きなど様々なタイプのウェーブを楽しめます。
ホットカーラーもウェーブを付けるために使うものであり、ヘアアイロンの一種です。
これもカーラーを変えることによってカールの大小を変えることができます。
ホットカーラーはストレートアイロンとカールアイロンとは違い温度が低いという特徴があります。
そのため、髪へのダメージが少なくて済みます。
スタンドでカーラーをあらかじめ温めておけば、髪に巻き付けて固定するだけでウェーブが作れます。
本を読みながら料理をしながらなど他のことをしながらでも髪をセットできます。

髪や頭皮を守ろう

婦人

ドライヤー選びにはランキングを活用しましょう。髪や頭皮へのダメージを考えるのなら、健康的な機能を持った商品がお勧めです。家電量販店のサイトなどを参考にして選ぶといいかもしれません。また、実際に店舗を訪れて試しに使ってみることもできます。

もっと読む

実は女性にも多い悩みです

婦人

薄毛に悩む女性は意外に多いんです。とくに、高齢になるにつれ髪のボリュームが少なくなってしまうので、髪型やスタイリングで工夫することが大切です。薄毛が気になる方には、ショートヘアがオススメです。トップをふんわりさせると薄毛をカバーしやすいです。また分け目を反対にとるのも簡単でオススメの方法ですよ。

もっと読む

無添加でお肌に優しい商品

女性

冷房や暖房の効いた部屋で過ごしていると、頭皮が乾燥しやすくなります。頭皮専用の化粧水は、石油系の合成界面活性剤などは含まれておらず、無添加で安全性の高い商品が販売されています。優れた保湿効果があるので、フケや痒みを防ぐ効果があります。

もっと読む